私が描くイメージとは複数のシーンが綯い交ぜになったもので、そこでは様々な矛盾や葛藤が生まれ混沌とした状況が生まれる。そのイメージとは、実像と虚像とが、自然物と人工物とが、ひとつの画面の中で拮抗しながら同時に存在しているものである。それはまるで私たちが普段見ている風景のようであり、世界の断片のようでもある。
そのイメージというものをトレースし、銅版上で均質な線や面に一度置き換え、最終的には紙に食い込むインクという物質に変化させるという行程を経て、制作前とは違うイメージが新たに現出する。銅版を介することによって出来上がるイメージは、均質で硬質でニュートラルな冷たいものに変化する。それは、自分の描いた線が手から離れ銅版に溝として現れ、自分とは距離のある物質として現れることによって生じるものである。
こうして出来上がる画面での拮抗した状態は、版画がオリジナルでもあり複数存在するという矛盾した状況とも繋がってゆくかのようだ。
我々は常に理路整然とした場所に居るわけではない。物事は単純な二極構造ではなく、さまざまな要素が混ざり合い溶け合いつつ、互いに侵蝕しながら存在している。

私にとって制作とは、銅版を媒体として風景をトレースし、その様々な振れ幅の中で深度と強度を持ったイメージを世界の断片として現出させることである。

What I describe in my works is a chaotic mixture of scenery that contains conflict and inconsistency. The real and the false, the organic and the artificial, coexist and compete in the same picture plane. It is like an ordinary landscape we see in our everyday life or a fragment of the world.
Through the process of tracing and drawing on the copper plate, the images are altered into a collection of homogenous lines and shapes and then into grooves on the plate.
Eventually through printing, they are transformed into ink impressed into paper. After these processes, the original drawing leaves my hand and it turns into something different –concrete, neutral, distant and maybe even cold.
The relationship constructed between me and my work through the medium relates to one ambivalent aspect of printmaking; prints are always original, but at the same time, they can be multiplied.
Reality does not always appear logically consistent. Polar distinctions cannot always be made.
Various elements exist, mixed, dissolved and encroached upon each other and they gain strength and depth in the conflict.

Using a copper plate as a vehicle for my work, my aim is to reveal those elements as a sample of reality.